スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期するものを持つ

最近、会社では理念・方針という話が
多くなってきた。

そういえば、ある本で(立ち読みで何の本だったか?)
あの、松下幸之助が言っておりました。。。

何か事をする時に、そのする事の喜びを持つ
これは、原則なもの。

そういうものが無いと言うのは、人ではない!
自分の使命感も無い、
ただ何がなしに生きているというような人は
信じられないと。

でも、今は使命感も無く、ただただ漠然と生きている感が・・
多いような。

時に、人と話をしていると
君の生きがいは何だ?とか
あなたは将来はどうなりたい?とかって
聞かれる事があります。

そう聞く人って、
何かを持っている
何か期するものがあると
原則として考えている人なんでしょうね。


会社だと、経営で一番大切なのは
正しい経営理念を持つ

経営に限らず個々の仕事においても
しっかりした基本の考え方なり
理念なりを持って取り組む事が
もっとも大切。


この仕事は、何の為にするのか
どういう目標を立て
どのようなやり方で行っていくのか


使命感や目標を持つ事で
仕事のやりがいが高まってくる。

遂行する為に、やはり期するものを持って
こういうことをひとつやるについて
こうやってみようと
考えが次々と湧いてくる。

そういうところに生きがいと言ったものを
感じられる。

仕事は、人生の大半を占めるもの。
その仕事に生きがいが感じられると
いうのは人として、望ましい、幸せな姿ですかね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。