スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

営業って大変

あるクライアント先での話。
営業って大変だよね?

売上が上がらなければ、即解雇。
かと言って、求人出してもなかなか営業となると来ない。
若い人には、営業は人気が無いし会社も大変! 
なんて話をしていました。

確かに、営業ってつらい仕事とイメージが強く
若手ビジネスパーソンには人気がないと感じます。

厳しい顧客に怒鳴られたり、何日もかけて作った
企画提案書が受け入れられないなど
逃げ出したくなる思いもします。

でも、営業ってその中で自分を成長させることが
できる仕事だと思うのですが。
(成長出来ていない自分がいうのも何ですが・・)

今、どの企業も安易に、顧客中心の精神を語りますが、
企業である限り、利益を上げることは必要。

実際、売上と利益の増大が求められ、背負った
営業部門では人間的成長を意識する余裕が無い。

その為、商品を売り込み、売り込めとなってします。
操作主義的な売り込みのスキルやテクニックだけ
磨こうとしてします。
その結果、トラブルが生じてします。
辛いが、耐えよう。
(耐えて解決するものではないのだが・・悪循環がはじまる)

では、顧客とは何か。
新たな顧客との出会いを得た時、ありがたい縁を頂いた。
その縁を大切にしたい。
たとえ、叱責を受けた顧客、商談が成立しなかった顧客でも。

一期一会の思いさえ生まれれば、スキルやテクニックというものが
スキル倒れにならずに輝く。

営業は、自分を買って頂く、縁を通じて成長する。
下座の行(卑屈な意味では無く)を通じ
時には、顧客の立場・業者の立場となりその縁を通じて
己を磨いていく。

心構えの根本的な転換を促すことが必要と考えさせられました。

忘れずに頑張ろうっと!









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。